東武野田線「川間駅」徒歩1分 住まいのトータルプランナー

安心して永く愛され
住み継がれる家づくり

私たち糸川不動産はお客様のご希望に沿った快適な間取りと災害に強い家、永く愛される家づくりを目指いしています。 基礎から土台・梁、外壁、屋根まで家全体が永く良好な状態で保たれる工夫と、維持、メンテナンスも考慮した家づくりを行っています。

地震に強い構造・軸組×パネル工法

設計の自由度が高く将来のリフォームにも対応しやすい軸組工法と、耐震性に優れた2X4建築で採用されているパネル工法。
軸組×パネル工法はその両方の特徴をあわせ持つ工法です。
土台、柱、梁でしっかりと軸組を組み、この構造材の外側に張り詰めたパネルが建物全体をさらに耐震化、筋交いによる耐震性の微調整も可能な優れた建築工法です。

耐震性に優れたベタ基礎

ベタ基礎とは、基礎の立ち上がりだけでなく、底面一面を厚い鉄筋コンクリートで形成された頑丈な基礎を意味します。
糸川不動産では、鋼製束ではなく鉄筋コンクリートの立ち上がりを多数作ることで、基礎と土台、柱をホールダウン金物で強力に連結させます。そうすることで、地震の際にかかる引き抜きの力に、より強く対抗できるようにしています。また、水槽やピアノなど重量のある家財等も安心して設置できます。
また、ベタ基礎には次のようなメリットもあります。

  • 床下に上がってくる湿気を防ぐ効果がある。
  • シロアリの被害を受けにくくする効果がある。
  • 建物全体を面で支えるので地盤の不同沈下に強い。

耐火性・耐久性に優れた集成材

強度のバラつきが少なく寸法安定性に優れた構造用集成材を使用しています。
集成材は、ひき板や小角材等を材料として、大筋、割れ、腐れ、反り、狂いや含水率のばらつきを取り除き、木材の繊維方向を平行にそろえて、接着をした木材です。
高強度で耐火性・耐久性に優れた均一な性能が安定して得やすいことが特徴です。 その構造基準は日本農林規格(JAS)で定められています。

横揺れ、ねじれに強い剛床工法

2階床は構造体と強力に一体化した剛床工法を採用。
28mm厚の構造用合板を直接梁に張ることで水平剛性を高めました。これにより、地震や台風時に床面が受ける横揺れやねじれを抑制することができます。

機能面、経済面、環境面に優れた
断熱材グラスウール

断熱性・吸音性・不燃性・耐久性・経済性・安全性・撥水性・環境性など様々な機能とメリットをもつグラスウールを断熱材として採用しています。

外壁通気でオールシーズン快適

糸川不動産の注文住宅は、住まいの耐久性を向上させる「外壁通気構法」を採用し、劣化対策等級の最高等級に対応。外壁通気工法は外壁材の裏面に空気の通り道を作ることで、「湿気」を放出、乾燥させ結露を防止するとともにエアコン効率をアップします。

  • 雨水侵入を抑制
  • 湿気を放出し壁体内の結露を抑制
  • 夏季の遮熱効果(通気層の通風により冷房効果アップ)

ゴムで揺れを吸収する「制震ユニット」
ミライエのご提案

いつか来る地震に備える。これからの家を守る最新の地震対策。
耐震だけでなく「制震」という最新技術を。
地震の揺れを最大70%吸収・低減。
1階に4か所設置するだけ。
90年間耐震特性は変わりません。
「制震ユニット」ミライエは、木造住宅用制震ダンパー供給実績NO.1の住友ゴム工業製です。

柱・梁・壁などの強度で地震に対抗する。揺れに「耐える」地震対策
揺れを吸収する装置で地震に対抗する。揺れを「制御する」地震対策

オーディオルームや楽器演奏のための
防音工事

糸川不動産では、オーディオルームやドラムやピアノ、ヴァイオリン等の楽器演奏のための防音工事といった特殊工事の実績も多数ございます。
防振吊り天井、遮音浮き壁、吸音材・防振ゴムを用いた浮き床構造など、快適な遮音空間をお創りします。